アルミニウム化成処理

アロジン処理

 アロジン処理は、アルミニウムと化学薬品との反応によって素材表面に皮膜を生成させる表面処理です。代表的な用途として耐食性の向上、塗装下地としての密着性向上などがあります。

3価クロムタイプ化成処理

 3価クロムタイプのアロジン処理は、ノンクロムタイプ同様環境対応型のアロジン処理で、6価クロムを含まない化成処理です。素材表面に極薄青色の皮膜を形成し、ノンクロムタイプに比べ耐食性が良いことが特徴です。

ノンクロムタイプ化成処理

 ノンクロムタイプのアロジン処理は環境対応型のアロジン処理で、クロム化合物を含まない表面処理です。

Copyright (C) 2014 テックス株式会社 All Rights Reserved.